ひきこもりの図書館訪問ブログ(・×・)

長年の引きこもりを地味に脱出するためこまごまと図書館を訪ね歩いています。

富山市立図書館 藤ノ木分館

公民館の一角、図書館に行くというより公民館行ってきます!のような雰囲気でした。

f:id:miffyjhk:20180313174132j:image

f:id:miffyjhk:20180313174146j:image

色々「分館」回っているうちに分館のほのぼのした感じが好きになりました。小学生の頃とか近くに分館はなく大きな図書館にしか縁が長くて、図書館に行く=改まる場所みたいな印象をずっと持っていたので、このほのぼの感が自分の小学校時代にあれば図書館は逃げ場になったかもしれないと思います。

 

分館は地域のおじいさん、おばあさんから子供まで色々こじんまり微笑ましい光景を見て和みます。

 

前に来た時椅子に座布団がつけてあって、それが動物の絵が手編み?の座布団だった記憶があるんですが今日はなかったので残念でした。

暖かくなり石油ストーブは点いてませんでしたが小学校で見たような大型で懐かしく感じました。

 

本は子供向けのが多く感じました。

学校図書室っぽかったです。